BLOG

靴の情報・日々の様子

インソールの重要性

オーダーメイドインソール

靴づくり歴 約30年。スポーツシューズからファッションシューズ
そして補装具まで、様々な用途の靴を作ってきました。

靴メーカで既成靴を作る時には全く考えもしなかったこと

それは、インソールの重要性です。

店舗で直接お客様の反応を目の当たりにするようになって
初めてその重要性を感じるようになりました。

靴メーカーの大量生産

既成靴を大量に作る靴メーカーで靴を作っていた頃は、
販売納期に間に合うことが 大前提。

できるだけ効率よく生産できる商品づくりでなければなりませんでした。

効率のいい商品とは 安価で、大量生産でき、売りたい時に販売できる
商品の事でした。

そして、 かわいい、おしゃれ、かっこいい等
見た目重視での売れることに 重要性の比率が、大きく傾いていました。

だから、
健康靴に付属しているような足の形状にあったインソールは、
コスト面
作業面で
まったく靴の要素として頭に入れてませんでした。

踵部のみの安価なクッション(タマゴスポンジ)や
足入れしやすい合皮の中敷き等を、使うのが精一杯の靴づくりでした。

その当時は、それで当たり前。
大量生産品では、仕方がないことだったのです。

人間の足

人間は2足歩行するうえで、わずかな面積の足裏で全体重を支えています。

歩行時の体重の数倍の衝撃も足裏で緩和させています。

不整地や傾斜地など路面のわずかな変化も小さい足裏で体を
垂直に立たせています。

足裏には人間が歩行するうえで重要な機能が備わっています。

その一つが3っつのアーチ
内縦アーチ 外縦アーチ 横アーチです。

200907121050561ee
アーチ状の形状を用いて、衝撃を吸収し、路面との接地部分を
少なくすることにより、不整地や傾斜地でもキッチリ立てる
機能が人間にはあります。これは2足歩行するがゆえに
そなわった人間の特性です。4足歩行の動物にはありません

インソールの感激

pose_kandou_woman

店頭で、お客様からお聞きする足と靴の悩みは

「自分に合う靴が、見つからない。足と合わない。」

ということ。
何がどう合わないのか具体的に表現できない方がほとんどです。

とにかく「靴が合わない」と感じている方が非常に多いです。

しかし、サンプル用のインソールを試履きしていただくと・・・・

足入れした瞬間に

表情がパッと明るくなります。

その瞬間、私まで、嬉しくなってしまいます。

それほど、
インソールの履き心地は瞬間で体感していただけます。

その後は湯水のごとく靴が合わない理由を
表現できるようになるのは、本当に不思議?です。

インソールの重要性

長い間、痛めつけらえて、加齢による筋力低下で変形した足裏。

その機能を補助する為にインソールがあるのです。

変形した足裏では、衝撃を吸収できず、足首や膝、股関節や腰等に
衝撃が加わり、様々な弊害を発生させています。

すでに変形している足裏でも、補助具であるインソールを
活用することで失った機能を少しでも回復、補助することができます。

例えば、横アーチを失うことで2、3趾付け根のタコが顕著に表れます。
インソールを活用することで、足裏全体で体重を支えることにより
横アーチを失っていても2,3趾付け根部の荷重が軽減され
タコの改善につながります。

長年放置してきた足裏にインソールを活用しても
簡単に元に戻る事は出来ません。しかし、インソールを活用することで
今より悪化しないようにすることは、可能です。

気が付いた時がチャンスだと思ってください。
靴に関する一般常識は間違いだらけだと思います。

足と靴に関する常識もどんどん変化しています。

例えばハイヒールを履くから外反母趾になる 等
(最近、男性の外反母趾の方も多く来店されます)

お一人で悩まずに、
信頼できる靴店にご相談ください。