なぜ?濡れた革靴の天日干しがダメな理由

お役立ち情報

6月は雨の多い季節。
雨に濡れた靴を履くのは気持ち悪いですよね。。。
特に革靴を濡れたまま放置すると、靴が傷んでしまいます。
たまに晴れた日は、靴を天日干しして、乾かしたい!
そう考える方は少なくないはず。
確かに、革靴に水分はNGです。
革が、雨に濡れる、足の汗を吸うなどして、水分を含むと多くのトラブルを引き起こします。
例えば、カビの発生。靴の形が崩れる。革が縮む。などなど。。。
革が水分を含む=トラブルの原因。
だからこそ、革靴から一刻も早く、水分を取り除きたい。
けれども、水分を取り除く、つまり乾燥させたいからといって、
天日干しにするのは絶対にやってはいけません。
今回は革靴の天日干しがはダメな理由と、正しい革靴の乾燥方法をご紹介します。

天日干しがダメな理由

革靴は、平面の革を立体になるように加工して、制作しています。
立体にする時に、熱をかけて革を整形して、革を靴の形にしているのです。
また、表側からは見ることはできませんが、カカトやつま先の硬い部分は、
熱をかけると柔らかくなる素材を使用して、その形を整形してます。
天日干しにする、つまりは、革に熱をかけて、
乾燥させようとすると、靴が変形してしまう恐れがあります。
多くの革靴に使用されている牛革は、繊維が荒いモノが多く、
水分を含み、その水分を熱をかけて強制的に乾燥させると、。
柔らかい革でも柔軟性を失い、硬くなってしまう恐れがあります。
柔らかくて履きやすかった靴が、
ある日突然カッチカチになり、形も不細工に崩れるのは嫌ですよね。
熱を加えて乾燥させるのはNGなので、天日干しの他にも、。
ヘアドライヤーや衣類乾燥機で、濡れた革靴を乾かすのは、
靴を傷めることになってしまいます。

正しい革靴の乾燥方法

乾燥方法のイメージ写真。扇風機と紙を使います。

乾燥方法のイメージ写真。扇風機と紙を使います。

乾燥方法のイメージ写真。扇風機と紙を使います。
雨に靴が濡れた日は、新聞紙やキッチンペーパーを靴に詰めて
家の中でもっとも風通しの良いところに置くことです。

新聞紙が革靴の水分を吸い取ってくれます。
扇風機の前に置くと良いでしょう。
新聞紙やキッチンペーパーを詰める際、ギュウギュウに詰めると
靴の形が崩れる原因なりますので、適度な量にしてください。

革靴に紙を詰めてい水分を吸収

水分を吸う紙なら、新聞紙でなくてもOK

熱をかけて乾燥させるのではなく、
新聞紙などで水分を吸収し、風の力で乾燥してください。
1日〜2日から乾燥が完了します。
ただし、この方法だと乾燥する時間がどうしても長くなります。
次の日も同じ靴を履く必要があって、早く乾燥させたい場合は、
ドライヤーの冷風を使うとより早く乾燥できます。
ですが、雨に濡れた次の日は、靴を痛めないためにも
なるべく別の靴を履くようにすると良いでしょう。
保湿クリームなどで、
普段からお手入れして、革自体に撥水効果を持たすことで、
乾燥する時間が短くなります。

まとめ!

濡れた革靴を乾かすために天日干してしまうと、
どんどん傷んでしまいます。
お気に入りの靴は、長く綺麗に履きたいですよね!
そのためにも、正しいお手入れをしましょう!

タイトルとURLをコピーしました